横を向いて寝る人はどんな性格?

横を向いて寝る人はどんな性格?

横を向いて寝ると様々な利点があります。右を下にして寝ると心臓が活発に動き、血流が良くなるので睡眠中に分泌されている色々なホルモンが体全体に行き渡りやすくなります。

左を下にして寝ると血行を良くすることは出来ませんが、体全体がリラックスしやすくなります。そのため横を向いて寝る人の性格はバランスが取れている人が多いのです。

周りとの調和を考えるので協調性があり、性格も朗らかです。思いやりがあって優しい人が多い傾向にあります。寝る時の姿勢によっても性格の特徴は変わります。

体を丸める人の場合、性格も甘えん坊で臆病なことが多いのです。これは胎児がする姿勢であり、誰かに頼りたいという気持ちが睡眠時の姿勢に現れています。

丸まって寝る人はどんな性格?

丸まって寝る人はどんな性格?

寝る時に、体が丸まって寝ている人の多くは、胎児型と言われています。

就寝時には仰向けで寝ているのに、何時の間にか顔や腹を隠すように、胎児の様に横になって丸まって寝てしまいます。

そして、丸まって寝ないと不安な気分になったり落ち着かなかったりするので、自然と顔や腹を隠すように体を丸め込んでしまいます。

この様に体を丸めて就寝する症状の方は、常に誰かに守って貰いたいという願望があり、自分の殻に閉じこもりがちにな性格です。

心理的には、幼い頃に自分を守ってくれた、優しかった両親に依存したいという気持ちの表れだと言われています。

また、丸まって寝る人の多くは、幼い頃から両親の愛情を受け健やかに育った人に多く見受けられます。

うつぶせで寝る人はどんな性格?

うつぶせで寝る人はどんな性格?

うつ伏せで寝る人は、几帳面な性格であると言われています。外には見せなくても、実は保守的で神経質な傾向があり、実は周囲のことを気にしすぎるところもあります。

それゆえ、仕事は勤勉できちんとこなす、周囲の人への気遣いもできますが、予期せぬ事が起こるとひどく不安になるので、考え込んでしまう人が多いです。

基本的に神経質で几帳面なのですが、うつ伏せに寝ると言っても、その寝方によって若干変わるところがあります。それは、手を広げて寝るような人は社交的という事があります。

また、枕を抱えるタイプも社交的なのですが、周囲からの批判を嫌う傾向が強いです。恋愛においては、真面目で完璧主義、浮気願望が低い傾向があります。