子供は何故あんなに寝相が悪いの?

子供は何故あんなに寝相が悪いの?

子供の寝相が悪い理由は大人よりもたくさんの成長ホルモンが分泌されているからです。

人間は深部体温という体内部の温度が下がると眠気が来て入眠しますが、深部体温が下がれば下がるほど成長ホルモンも多く分泌しています。

成長ホルモンが分泌されれば熱が発生するため深部温度が上がります。体内部の温度を一定に下げるためには熱を放出しなければならないので熱は体の外へと放出されます。

これにより寝ている時はいつもより暑く感じ、避けるように動き回るので寝相が悪くなります。

は大人よりも暑い状態なので風邪予防のために分厚い布団を掛けるのは適切ではありません。エアコンなどで快適な室温にして寝返りを打ちやすい軽めの布団を掛けます。

寝相が悪くなる原因

寝相が悪くなる原因

寝相が悪い原因は何かというとまずは使っている枕が合っていないからです。また枕以外にも敷布団が合っていないと寝相が悪くなってしまいます。

枕が合っていないと落ち着かない為、中々深い眠りに入る事が出来ず、フィットする体勢を見つけようと無意識の間に何回も寝返りをうち寝相が悪くなってしまいます。

なので枕を選ぶ時は硬すぎず、なおかつ柔らかすぎず頭が沈みすぎないもので、一般的には鼻から首、そしてへそにかけてきれいに一直線になるような枕を選ぶと良いです。

そして、眠っている時に敷布団やその下に敷いているマットレスが硬すぎたり柔らかすぎて自分の体に合っていないとそれを正そうと色々と動く為に寝相が悪くなり朝起きた時に体が痛くなったりします。

寝相を良くする方法

寝相を良くする方法

寝相を良くする方法はいくつかあります。まず、枕が自分に合っているものかどうか見直し、適切な高さ(3〜4cm前後)のものを使うようにします。

合っていない枕は寝苦しさを感じさせ、睡眠中に無意識に身体を動かす原因になります。また、寝室の温度を適温(夏は27度前後、冬は18度前後)に保つようにします。

暑すぎたり肌寒かったりすると布団をはねのけたり寝返りを促すことになります。さらに、就寝する直前までパソコンやスマホを見ることも止めましょう。

画面からの情報は目や脳に強い刺激を残し、十分な深さの睡眠を妨げます。

結果として浅い眠りに寝苦しさを感じて布団を蹴飛ばしたりベッドから落ちたりということになってしまいます。眠る30分前にスマホなどを使うのを止め、就寝する準備をしましょう。

眠るための環境が整っていないことから来る浅い眠りが寝相の悪さの原因となります。深い睡眠ができるように心がけましょう。